• ホーム
  • 花粉症で咳・痰が出る場合は食物負荷試験を

花粉症で咳・痰が出る場合は食物負荷試験を

咳と痰が、止まらない場合があります。
そういった場合には、いろいろな原因が考えられます。
肺炎や、気管支炎などはすぐに、思いつくものですが、最近では花粉症を引き金とした「アレルギーの慢性咳嗽」というものが注目されています。
花粉症のある人は、もともとアレルギー体質なので、多くの原因が絡み合って、花粉症からそういったアレルギーを引き起こしてしまうのです。

咳と痰は、風邪などの場合は、たいてい1週間ほどで治まってきます。
それよりも長く続く場合は、診察をうけるべきです。
肺炎など出ない場合は、食物負荷試験を受けることも視野に入れた方が良いでしょう。
食物負荷試験とは、アレルギー反応をみるためのテストですが、血液テストだけではわかりにくい食物のアレルギーがはっきりと確認できます。
食物負荷試験は、実際にアレルギーが起こる可能性のある、食物を口にいれる試験です。

(1)オープンテスト(2)シングルブラインド(3)ダブルブラインドと3種類の方法があります。
(1)は患者、試験者ともに、なにを食べるのかが分かるテスト、(2)は患者のみ何をたべるのかわからないテスト(3)は患者も試験者も何を食べるのかわかないテストです。
アナフィラキシーショックをおこさないとも言い切れないため、かならず医師の指導の下に行います。
また、日帰り入院や一泊ほどの検査入院をすすめられることもあります。
花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などの自覚がある場合は、咳と痰が続いた時には、しっかりとしたアレルギーテストを受けることが必要です。
長引く咳と痰を放っておくと、大人でも喘息を引き起こすことがあります。
軽く考えずに、ぜひ、受診することをおすすめします。